• このエントリーをはてなブックマークに追加

自動?手動?鼻水吸引器の選び方あれこれ

子どもが風邪をひいてしまった場合などに、鼻水が詰まっているのを見るのは親としても苦しいものです。早く何とかしてあげたいと思っても、小さな子どもや赤ちゃんは自分で処理をすることができません。そんな時に役に立ってくれるのが鼻水吸引器です。
簡単に子供の鼻水を出だしてくれる吸引機は、とても便利で簡単なので、たくさんのメーカーからいろいろな種類のものが販売されています。この吸引器は、大きく2つの種類に分けられます。それが、機械的に自動で吸い出してくれるものと、手動で吸い出すタイプです。どちらも一長一短がありますが、まずは自分の子どもの健康のことを第一に考えて選んであげたいです。ではどんなポイントに気をつけて、何を基準に選べば良いでしょうか。

自動と手動それぞれの吸引器の特徴を知る

手動タイプのものは、機械的な仕掛けや電気を使うことなく、使う人の力で吸い出します。多くの場合は、チューブの間にトラップのような部品があり、口で吸い込むことでそのトラップに鼻水を溜めていくというものです。人間が息を吸い込む力に依存しているため、吸引力には限界があります。しばらく続けていると、疲れてしまうという人も多いです。このタイプの最大のメリットは、価格が安いという点です。ドラッグストアなどでも簡単に購入することができ、手軽さが受けています。
一方の自動タイプは、機械の力で鼻水を吸い出します。スイッチを入れて子どもの鼻に吸い込むための器具を当てれば良いので、とても簡単で、最適な吸引力も得られます。使い終えた後、しっかりと洗浄をしたりとメンテナンスの必要があります。

機械タイプの鼻水吸引器が便利な理由

多くの口コミなどでもあるように、機械の力で鼻水を吸い出してくれる吸引器は、とても便利で簡単です。たくさんママの手助けになっています。自分の息で吸引をするタイプは、長く息が続かなかったり、いくら吸っても鼻が通らなかったりという経験をしている人がとても多いです。また、息を必死に吸い込むと言う作業に気をとられて、器具を鼻から離してしまったりと失敗も多くなりがちです。
その点機械で吸引ができれば、色々なハードルが一度にクリアできます。スイッチを入れれば十分な吸引力が容易に得られるので鼻水を吸い込む作業に集中できます。赤ちゃん相手でも上手にあやしながら吸い込む余裕もでき、機嫌よく鼻水を吸引することができます。金額が多少張るという点はあるものの、子どものことを思い、多くの人が購入しています。

ピックアップ記事

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自...

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や...

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻...

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげること...