• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。 頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻腔炎になりやすくなってしまいますから、こまめに吸引してあげる必要があります。 ただ、あまり強く吸引したり、間違った方法で吸引してしまうと、痛くていやがる原因になってしまいますから、正しい吸引の方法を覚えておくことが大切です。 鼻水吸引器は、大人がチューブを通して口で吸うタイプと、電動タイプがあります。 手動タイプは、コンパクトで価格も安いので一つは持っているという家庭も多いと思いますが、粘度のある鼻水はとりづらく、風邪が移る危険性もあります。

痛くない鼻水吸引器の選び方のポイント

鼻水の吸引をいやがる赤ちゃんは少なくありません。しかし、いやがるからと鼻水の吸引をあきらめてしまうと、症状を悪化させる原因になってしまいます。購入する際に大切なのが吸引力です。吸引力がやさしいのものを選ぶことで、痛みを少なくすることができます。また、吸引する上でも大切なことがあります。お風呂上がりや鼻周辺を蒸しタオルで温めて、鼻の奥にある固まった鼻水を柔らかくする下準備を行うことがポイントです。 そうすることで、痛くなくスムーズに鼻水を取りのぞくことができますから、素早く終わらせることができます。 手動、電動ともに、痛くない吸引の方法は、さらさらな状態にして吸い取るということです。 粘度があり、硬くなった鼻水をそのまま吸い取るには、吸引力も必要ですし、痛みもともないますから、お風呂上がりなどに行うことをおすすめします。

自分にあった鼻水吸引器の探し方とは

鼻水の吸引器といっても、さまざまなものが販売されていて、どれを選べばよいか迷うという人も少なくありません。 手動タイプであれば、ドラッグストアや薬局などでも手軽に購入することができますが、電動タイプはなかなか実物を目にする機会もありませんし、金額も高額なものが多いので、購入するのは少し躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。 高額なタイプは機能もたくさんあり、吸引力を調節することができるので、大人から子供まで幅広く使用できるというメリットがあります。 ただ、使用しない機能もついていたり、洗浄が面倒、持ち運びができないなどのデメリットもあるのでえ、探し方のポイントとしては、自分がどういった機能を重視するのかをあらかじめ洗い出してから購入を検討すると、失敗を防ぐことができます。

ピックアップ記事

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自...

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や...

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻...

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげること...