• このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自分で処理ができますが、小さな子どもや赤ちゃんとなるとそうはいきません。そんな時は、鼻水吸引器が便利です。どんなものがありどのようなやり方で鼻水を吸い出してあげればよいでしょう。 吸引器のやり方はほとんどの場合、さほど難しくはありません。直接吸引するための部品を鼻にあて、専用器具で吸い出してあげればOKです。その利便性ゆえ、近年ではいろいろなメーカーからたくさんの吸引器が販売されるに至っており、どれを選べばよいか困ってしまうほどです。そこで、どのように選び、使うべきかを紹介します。

なんと言っても自動で吸い出してくれるタイプが便利

子どもの鼻水を吸い出してくれる器具には、大きく分けて2つのタイプが存在します。口で吸い出すものと、自動で吸い出してくれるタイプです。口で吸うものは途中でトラップのような器具があり、そこに鼻水をためる仕組みです。しかしこれでは十分な吸引力を得られない上、一生懸命口で吸い上げないといけないため、うまく鼻に押し当てることができなかったり、集中できません。 自動の鼻水吸引器であれば、吸引力も強く、しっかりと鼻水を吸い出すことができます。選ぶときのポイントは、吸引力が強いことに加え、お手入れが楽なことも考えたいです。使い終わった後に洗浄したりするのに部品が多いと面倒ですし、できるだけ簡単に手入れができる事は重要です。吸引するだけではなく、アフターケアのやり方も考慮に入れて選ぶのがコツです。

子どもがストレスなく吸い出せる使い方を考える

鼻が詰まったり鼻水が出るのが不快であるのは子どもでも大人でも同じです。ただ、小さな赤ちゃんや子どもだと、鼻に吸引の器具を当てる事もまた、不快であることに変わりはありません。上手にあやしながら行うことが大切です。また、不快さを和らげるためには、鼻に当てる部分が柔らかいこと、肌を傷つけない形状や素材であることも大事です。しっかりと吸い出した後は、上手にできたと褒めてあげることも良い手です。 赤ちゃんでも気持ちよく使えること、また親の目線でも使いやすく、手入れが簡単な鼻水吸引器を選ぶことが重要です。風邪を早く治したり、中耳炎を予防するにも役に立つ吸引器を積極的に、正しく使うことで、子どもの健康を守ることができます。

ピックアップ記事

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自...

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や...

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻...

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげること...