• このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や、粉塵を排出しようとする防衛反応を起こします。ところが、赤ちゃんは鼻を自分でかめないため、頻繁に鼻が詰まってしまいます。そして、赤ちゃんの耳の穴は大人の耳の穴と比べると短くて太いので、耳に鼻水が入りやすくなっていて、中耳炎を発症するリスクがあります。そのため、こまめに鼻水を吸い取る必要があります。綿棒で除去することもできますが、何度も行っているうちに鼻の穴の中の粘膜を損傷させてしまうことがあるので、鼻の穴の奥の方にある鼻水を除去するのはリスクを伴います。

鼻水を吸引する器具の鼻水の量に応じたタイプ

鼻づまりがひどくなったときには耳鼻科の病院で鼻水を除去してもらうのが最善策になりますが、手軽に除去するために自宅で使える鼻水吸引器が販売されていて、色々な種類があります。最もシンプルなタイプだと、スポイト状になっているものがあり鼻水を手で除去することが可能です。すでに少したれている鼻水や、少ない量の鼻水を除去することが可能です。ところが、スポイトタイプは吸引できる量に限りがあるので、より多い量の鼻水を除去したいときにはストロー状になっている器具が適しています。片方を赤ちゃんの鼻に穴にあてがい、もう片方を口に咥えて除去するのですが、吸い方で吸引力をコントロール可能ですし、鼻水を蓄積するタンクがついているため、たくさんの鼻水をまとめて取り除く効果があります。

鼻水を吸引する器具の適切な使い方

効果的に鼻水吸引器を利用するには鼻水を取り除きやすくしておく必要があります。すでにたれている鼻水は綿棒などでなるべく除去しておいて、入浴後など鼻の穴の中が潤っている状態で利用するのが適しています。そして、鼻水を授乳したり、眠ったりする前に取り除いておくことによって授乳が順調に進められたり、寝つきが良くなったりします。鼻水は眠っているときにも詰まりやすいので、起きたらすぐに除去してあげるのも良い方法の1つとなります。いつも鼻が詰まっていたり、鼻の穴の中が炎症などを引き起こし過敏になっているときは電動の鼻水吸引器も用意してあります。赤ちゃんのストレスを抑えながら鼻水を除去することが可能で、吸い込む力もコントロールできるので安全です。夜中にも利用できるように動作音が抑えられているものも用意してあるため、夜中に鼻水が詰まって目を覚ましてしまうときにも効果的です。

ピックアップ記事

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自...

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や...

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻...

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげること...