• このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。 そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげることが大切です。 回数に関しては、特にきまりはありませんが、赤ちゃんはすぐに鼻が詰まってしまいますから、呼吸をしにくそうにしていたり、機嫌が悪いような場合には、こまめに取り除いてあげることが大切です。 鼻水吸引器には、手動タイプと電動タイプがありますが、手動タイプはなかなか粘度のある鼻水を吸いとることができません。 そういった場合には、お風呂の後など鼻水が柔らかくなった時に吸い取ってあげるか、電動タイプのものを使用すると、簡単に吸い取ってあげることができます。

赤ちゃんの鼻づまりには、鼻水吸引器がおすすめ

赤ちゃんは自分で鼻水をかむことができませんから、そのまま放置していると、寝付きが悪くなり、風邪を悪化させる原因になってしまいます。 鼻水がでる原因はいろいろありますが、中には一年中鼻水がでる赤ちゃんもいますから、こまめに吸い取ってあげる必要があります。 ただ、毎回耳鼻科で吸引するのは現実的ではありませんし、病院で待っている間に、ほかの病気に感染するリスクも高くなってしまいます。 自宅に吸引器があれば、手軽に吸い取ってあげることができますし、耳鼻科に行く回数を減らすことも可能となるので、おすすめです。 特に、子供の数が多い家庭や、花粉症や鼻炎になやまされている大人がいる場合には、吸引力を調節することができる据え置きタイプの電動鼻水吸引器がおすすめです。

何よりも鼻水をためないことが大切

大人の場合は、鼻水が溜まっていっても自分で取り除くことができますが、赤ちゃんや幼児の場合は、自分でかむことができませんから、大人が取り除いてあげる必要があります。 鼻水が溜まったまま放置してしまうと、ウイルスが鼻や耳に侵入してしまい、中耳炎や副鼻腔炎などに進行してしまう可能性もありますから、何よりも鼻水をためないことが大事といえます。 特に、寝起きは鼻水がのどの奥にたまりやすいため、夜寝る前に吸引してあげると、吐き戻しを防ぐ効果も期待できます。 また、鼻水が多いと、ミルクや母乳が飲みづらくなりますから、授乳前にも吸引してあげるとよいでしょう。 電動タイプであれば吸引力を調節することができるので、子供だけではなく大人も使用することができておすすめです。

ピックアップ記事

鼻水吸引器の選び方とやり方について

風邪などの病気になってしまうと、鼻水が出たり、鼻が詰まったりしてしまうことがあります。鼻のトラブルというのはなかなか厄介で、常にストレスがかかった状態で生活をしなければならなくなります。大人であれば自...

鼻水吸引器を使うことによって得られる効果

生まれたばかりの赤ちゃんの鼻の穴の中は、鼻毛がまだ生え揃っていないので、細菌や、粉塵が入ってくるのを防止するために鼻の穴の中の粘膜が過敏な状態になっていて、多少の刺激を受けただけでも鼻水を出して細菌や...

赤ちゃんでも痛くない鼻水吸引器の探し方

赤ちゃんは自分で鼻水を吸うことができませんから、こまめに取り除いてあげることが大切です。頻繁に風邪をひくため、その都度吸引するのは面倒だと思われるかもしれませんが、鼻水を放置してしまうと、中耳炎や副鼻...

鼻水吸引器を使った吸引回数とメリット

赤ちゃんや幼児は自分で鼻水を吸いとることができませんから、吸い取ってあげることが大切です。そのまま放置してしまうと、副鼻腔炎や結膜炎、中耳炎になってしまう可能性もありますから、早期に対処してあげること...